2006年10月06日

名月の紹介

十三夜月(じゅうさんやづき)満月の二日前の月で、満月に次いで美しいとさらています。
十四夜月(じゅうよっかづき)小望月(こもちづき)ともいい、満月の前日の月のことを呼びます。
十五夜(じゅうごや)望月(もちづき)とも言われます。お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で古来、中国宮廷行事が奈良〜平安時代頃に日本へ伝わり、それが里芋の収穫祭だった事から「芋名月」とも言われています。
十六夜(いざよい)いざよいとは「ためらう」という意味で、満月より少し出るのが遅くれので「月が出るのをためらっている」というところからこう呼ばれてます。
十七夜(たちまち)月が出るのを、まだかまだかと、立って待っているところからこの名があります。
十八夜(いまち)立って待っていたのが疲れて、座って待っていれば出てくるだろうというところから、こう呼ばれています。
十九夜(ねまち)座って待っていても出てこないので、とうとう寝て待っていたら出てくる、ということからこう呼ばれてます。
二十夜(ふけまち)夜更けまで待たないと出てこないので呼ばれてます。
後の月(のちのつき)旧暦の9月13日になる十三夜にも、お月見をする日本独自の風習があります。豆名月、栗名月とも呼ばれ、ススキを家の軒ににつるしておくと、一年間病気をしないと伝えられています。
posted by chouseido at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年10月05日

中秋の名月10月6日(旧暦8月15日)

2604.jpg中秋の名月て? 一年には「春夏秋冬」の四季がありますが、旧暦では3月毎に季節が変わり、「一・二・三月」は春、「四・五・六月」は夏・・。そしてそれぞれの季節に属する月には「初・中(仲)・晩」の文字をつけて季節をさらに細分するのに使いました。たとえば旧暦四月は「初夏」となります。
 この方式に当てはめると、「八月」は秋の真ん中で「中秋」。旧暦は太陰暦ですから日付はそのとき月齢によく対応しますから、月の半ばである15日はだいたいにおいて満月になります。
 古くから日本には八月十五日に秋の澄んだ空に昇る満月を「中秋の名月」と呼んで鑑賞する風習がありました。
 秋は収穫の時期でもありましたのでその年の収穫物を月に備える風習が各地に残っており、「芋名月」などとも呼ばれます。
 現在、月見団子を備えるのも、芋を備えた風習の変形ですね(団子も芋も「丸い」ということ)。
ちなみに今年の満月は10月7日です。
posted by chouseido at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記